トピックス

[名古屋]中学2年から実の娘を強姦し続けた容疑の父親に裁判所はイカれた無罪判決

「中学2年のころから性的虐待を受け続けた」

2017年に愛知県内で抵抗できない状態の実の娘(当時19歳)と性交したとして準強制性交等罪に問われた男性被告。

その被告に名古屋地裁岡崎支部が「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」として3月26日、無罪判決(求刑懲役10年)を言い渡した。

準強制性交等罪は、相手が抵抗などできない状態に乗じて性交をするなど、暴行や脅迫と同程度に相手の性的自由を侵害した場合に限って成立する。

検察側は「中学2年のころから性的虐待を受け続け、専門学校の学費を負担させた負い目から心理的に抵抗できない状態にあった」と主張。

一方、弁護側は、被告側は同意があり、娘は抵抗できない状態でなく、仮に娘が抵抗できない状態だったとしても、そういう認識はなかったと主張した。

地裁岡崎支部は、性交については、娘の同意はなかったと認定。



「抗拒不能の状態にまで至っていたと断定するには、なお合理的な疑いが残る」

しかし、性交の際に娘が抵抗できない状態だったかどうかについては「被告が長年にわたる性的虐待などで、被害者を精神的な支配下に置いていたといえる」としたものの、「被害者の人格を完全に支配し、強い従属関係にあったとまでは認めがたい」とした上で、

「抗拒不能の状態にまで至っていたと断定するには、なお合理的な疑いが残る」として無罪を言い渡した。

奇しくも同日、12歳の長女に対し性的暴行をし、「強姦(ごうかん)」と「児童買春・児童ポルノ禁止法違反」の罪に問われていた父親が、静岡地裁において無罪を言い渡された。

通常、おとなが未成年の女の子と性交すれば裁かれる。

だが、父親が未成年しかも12歳とか14歳というローティーンの娘を犯しても裁かれないのか。

これはどうみてもおかしい。

当然、裁判官は法律に則って判決を出すわけで、そうだとしたら日本の法律は異常としか言いようがない。

追記

抵抗できない状態だった実の娘(当時19)と性交したとして準強制性交等罪に問われ、一審・名古屋地裁岡崎支部が無罪判決を言い渡した男性被告について、検察側は判決を不服として4月8日付で控訴した

静岡県・「父親が12歳の長女を強姦」に無罪判決を下した裁判長は「ちんちんを入れてくると、どうして嫌なの?」



無罪判決を出した名古屋地裁岡崎市部

Twitter