妻殺し

[東京]三鷹で55歳の女が同居の元夫をハンマーで殴打、熱湯をかけ殺害

 

容疑者プロフィール
名前:秋山朝子
年齢:55歳
住まい:東京都三鷹市新川
容疑:殺人

4月14日正午ごろ、東京都三鷹市新川のアパート2階の一室から、「元夫が倒れたまま起きない」と119番通報があった。

室内で頭などから血を流して倒れている男性が病院に搬送されたが、死亡が確認された。

死亡したのは秋山容疑者の元夫で、職業不詳・均さん(60)。

警視庁三鷹署員が近くにいた女を任意同行して事情を聴いたところ、関与を認めたため、殺人容疑で逮捕した。

逮捕されたのは現場アパートに住む無職、自称・秋山朝子容疑者(55)。

逮捕容疑は14日午前、自宅で元夫である男性の頭をハンマーで殴打し、洗面器を使い身体に熱湯をかけて殺害した疑い。

秋山容疑者の供述:

「元夫が床で寝ていてベッドに寝かせようと声をかけたが起きなかったので腹が立った」

数時間後に元夫が動かなくなったことに気づき、119番通報したという。

ハンマーは室内から見つかった。

通報者は秋山容疑者で、それまでの数時間ほど男性を放置していた疑いがある。

男性の体には、皮膚がめくれるほどの火傷があった。

容疑者は、「給湯器から熱湯を出し、洗面器に移してかけた」と供述しているという。

容疑者は「(元夫が)家事を全くしてくれないことに日頃から不満が募っていた」などと供述。。

2人は昨年7月に離婚した後も、このアパートに同居していた。



地図

Twitter