同居人殺し

[大阪]57歳の上村栄生容疑者が53歳の同居女性を殺害! 容疑者の妻と、その妻と同居の52歳の奇怪なスワップ関係!

 

容疑者プロフィール

名前:上村栄生(うえむら ひでき)
年齢:57歳
住所:堺市南区三原台3丁→和歌山市(引越)
職業:会社員

名前:上村若菜(うえむら わかな)
年齢:51歳
住所:
職業:

名前:寄本一裕(よりもと かずひろ)
年齢:52歳
住所:和歌山市善明寺
職業:会社員

同居の女性を電気コードで殺害

イラスト:Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY

4月14日午前9時前、大阪府警南堺署に1人の男が「人を殺しました」と自首した。

警察が男の自宅を捜索したところ、50代くらいの女性が室内で倒れていて、病院に運ばれたが死亡が確認された。

逮捕された会社員の上村栄生(ひでき)容疑者(57)は、

堺市南区三原台の府営住宅の一室で、同居していた女性の葛原一美さん(53)と口論になり、電気コードで首を締めるなどしてを殺害した疑いが持たれている。

葛原さんがベッドで横になっているところを襲ったとみられる。

男は出頭してきた際、衣服に返り血などはなく、落ち着いた様子だったという。

現場は泉北高速鉄道泉ケ丘駅から北東に約1キロ、堺市郊外の団地などが建ち並ぶ住宅街。

新たに会社員の男と女が逮捕

その後の調べで、15日、新たに男と女が逮捕された。

逮捕されたのは、会社員の寄本一裕容疑者(52)と栄生容疑者の妻・上村若菜容疑者(51)。

葛原さんと3人は午前中から一緒に行動していたということだ。

事件の前日の13日午後、和歌山市の駐車場で葛原一美さん(53)の頭や顔を特殊警棒などで殴り、殺害しようとした疑いが持たれている。

女性の頭や顔には複数の傷があったため警察が捜査したところ、2人の関与が浮かびあがった。

インターネットゲームで知り合った4人の複雑な関係

4人の関係は複雑だ。

殺された葛原さんは、上村容疑者と一緒に住んでいたが、同じ集合住宅には階こそ違え、妻も居住していた。

そしてその妻は寄本一裕容疑者と同居していたというのだ。

4人はインターネットのゲームで知り合い、上村容疑者が葛原さんと懇ろな関係になる一方、上村容疑者の妻は寄本容疑者と接近し、和歌山市の同じ集合住宅に住むことになった。

事件の前日は、その引越だったという。

2台の車に分かれ和歌山に向かう途中、トラブルがあり、特殊な警棒で葛原さんを殴るなどの暴行がなされたようだ。

トラブルの原因はSNSの書き込みだという。

追記 2019/05/07

葛原さんに大量の薬を飲まされて、上村若菜容疑者が死亡したと、上村被告にうそをつき、

「両目をつぶしてしまえ」などと暴行をそそのかしていたことがわかった。

上村被告は「妻を殺された怒りからやってしまった」と話した。

若菜容疑者が実際には生きていることは逮捕後に知ったという。

地図