事件

[滋賀]県警の53歳警部が強制わいせつ、だが逮捕されず実名の公表もなし、退職金をもらえる依願退職に批判殺到!

滋賀県警の53歳警部が強制わいせつ、だが逮捕されず実名の公表もなし、退職金をもらえる依願退職に批判殺到!

滋賀県警は7月25日、県警の警察署勤務の男性警部(53)を強制わいせつの疑いで書類送検した。

県警は同日、警部を停職1カ月の懲戒処分にし、警部は依願退職した。

警部は3日午後9時ごろに米原市内の飲食店で、

男女共用トイレで偶然会った知人の20代女性に無理やりキスをしたり体を触ったりしたという。

翌4日に女性から相談を受けた同席の知人男性が県警に被害を訴え、事件が発覚した。

県警は警部を逮捕しなかった理由を「逃亡の恐れがない」と説明。

警部の所属や名前については、女性のプライバシー保護を理由に明らかにしていないという。

警察官が加害した場合のみ相手の女性のプライバシーが尊重されるってこと?

ネット上では警部を逮捕せず、実名発表しなかった県警の対応に批判の声が殺到している。

なぜ逮捕しないのか、実名で発表しないのか、懲戒解雇ではないのか。

女性のプライバシー云々を言うのであれば、

他の同様の事件で実名を公表していることと矛盾する。

警察官が加害した場合のみ相手の女性のプライバシーが尊重されるのか。

また、軽い処分をして依願退職というのも、いつも警察など公務員の世界でよく使われる手。

明日は我が身と思うのか、退職金が支給されるよう温情の処分だ。



大きな犯罪に手を染めない限りクビにならない公務員

しかし、税金から払われることを忘れてはいけない。

悪いことをしたヤツの首を切れない警察って何だ?

犯罪者に厳しいくせに、身内の犯罪には甘い警察。

そう国民は感じて入りだろう。

教師などの公務員にも同様の処分が見受けられる。

教師の場合、異動させて終わり、という場合が多い。

それで問題になると、依願退職。

公務員というのは非常に守られていて、

余程の犯罪に手を染めない限りクビにならないし、

最後は依願退職で退職金を手にして逃げられる身分。

国民はもっと声を大にして異議を唱えるべきだろう。