事件

九州南部を中心に猛烈な雨が降る見込

  西日本から東日本の太平洋側に停滞する梅雨前線の活動が活発化し、九州南部を中心に猛烈な雨が降る見込みだ。4日朝までの予想雨量は最大350ミリに達し、土砂災害や河川の氾濫(はんらん)の恐れがある。過去の豪雨災害でも降り始めからの雨量が数百ミリに達し、土砂災害が起きたケースも多い。十分な警戒と早期の避難が大切だ。

 気象庁は3日午前に緊急会見を開いた。黒良龍太・主任予報官は数十年に一度の雨となり得る「大雨特別警報」発表の可能性を指摘。「命を守るため早めの避難を」と呼びかけた。

 気象庁によると、九州南部では既に記録的な大雨になっており、降り始めから3日朝までの雨量は宮崎県えびの市で883ミリ、鹿児島県薩摩川内市八重山で678ミリ、同日置市で600ミリと、いずれも7月1カ月分の平年値を上回った。

 今後、東シナ海から暖かく湿った空気と、朝鮮半島側から気圧の谷に伴う寒気が流れ込む影響で大気の状態が不安定化。九州北部では3日夕、九州南部では3日夜遅くから猛烈な雨のピークを迎え、4日朝までの予想雨量は九州南部で350ミリ、九州北部で300ミリ、四国で250ミリ、などとなっている。前線の停滞に伴い、6日ごろまで大雨が続く恐れがある。

出典 朝日新聞デジタル

 

tenki.jp 日本気象協会

あす4日(木)にかけては梅雨前線上に低気圧が発生して、本州を東へ進むでしょう。活発な雨雲は九州だけでなく、四国から関東にも広がります。帰宅時間や、朝の通勤通学の時間に雨のピークが重なる可能性もあります。

 

 梅雨前線の活動が活発となり、九州南部は3日、猛烈な雨が降って大雨となっている。今後、九州南部では3日夜遅くから4日朝にかけて1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る恐れがある。気象庁は非常に激しい雨が数時間続くような場合には「大雨特別警報」を発表する可能性があるとしている。

これまでの大雨で既に地盤が緩んでいる所もあることから、気象庁は土砂災害や河川の氾濫などへの厳重な警戒を呼び掛けている。

九州南部では、降り始めの6月28日から7月3日午後4時までの総雨量が宮崎県えびの市で1020・5ミリを観測するなど記録的な大雨となっている地域が出ている。

4日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で▽九州南部300ミリ▽九州北部250ミリ▽四国、近畿、東海200ミリ▽奄美150ミリ▽北陸100ミリ。

出典 毎日新聞

 

3日から4日にかけ予想される雨量は、平年の7月、1か月分以上とも言われている。南さつま市では川が決壊した。

決壊したのは南さつま市を流れる大王川。茶色く濁った水がガードレールをなぎ倒してあふれている。役場の職員によると、幅20メートルにわたって決壊しているが今の所、住宅などへの被害はないという。また、同じ市内を流れる万之瀬川も氾濫危険水位に達している。

このように県内各地で氾濫危険水位に達している所が増えてきた。雨の降り方次第では、あっという間に川の水があふれ出す。河川のそばに住んでいる方は気を付けながら避難を進めて欲しいと思う。

現在、県内では鹿児島市や霧島市、姶良市など7つの自治体が全域に避難指示を発表している。5段階の大雨警戒レベルのうち2番目に高いレベル4の情報。土砂災害や河川の氾濫など危険が迫っている。避難を始めてください

出典 日テレニュース

 

鹿児島県の鹿児島市や霧島市などと宮崎県の都城市などで避難指示が出ている。

鹿児島県の鹿児島市、霧島市、姶良市、南さつま市、日置市、いちき串木野市、垂水市、南九州市、鹿屋市、大崎町の全域と東串良町の一部で、また、宮崎県の都城市と日南市、宮崎市の一部に避難指示が出されている。

また、鹿児島、熊本、宮崎の3県の各地で避難勧告が出ている。これは、5段階の「大雨警戒レベル」のうち、危険性が2番目に高い「レベル4」の情報。浸水が想定されたり、土砂災害に警戒が必要なエリアに住む人は全員ただちに、避難所や安全な場所に避難してください。

出典 日テレニュース