NGT48

NGT48山口真帆さん(23)が、グループから卒業「正しいことをしている人が報われない世の中や、正しいことをしている人が損をしてしまってはいけないと私は思います」

 

101日ぶりに専用劇場での公演に出演で卒業

NGT48のメンバー山口真帆さん(23)が4月21日、グループからの卒業を発表した。

なお、山口と親しく、良き理解者でもあったメンバーの長谷川玲奈さん(18)と菅原りこさん(18)も、グループからの卒業を発表した。

3人とも、5月18日に新潟市内のNGT48劇場で卒業公演を行う。

21日、山口さんは101日ぶりに専用劇場での公演に出演した。

笑顔でパフォーマンスしたが、公演のラスト曲を歌唱中にはついに感極まって涙した。

長谷川さんと菅原さんが相次いで卒業を発表した後、続いて山口さんも「私、山口真帆はNGT48を卒業します」

劇場内は、水を打ったように静まりかえった。

アイドル、NGT48について「大好き」という思いを明かし、1月に自らツイッターで昨年12月に起きた暴行事件について告発した経緯を説明した。

「グループに変わってほしかったし、自分がつらかったからこそ、大切な仲間たちに同じことに遭ってほしくないと、全てを捨てる覚悟で取った行動でした」と打ち明けた。

「社長には『不起訴になったので事件じゃない』と言われ、会社を攻撃する加害者とまで言われていますが、ただメンバーを守りたい。真面目に活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であってほしかった」と語った。

しかし、

「何をしても不問なグループで、もうここには、私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました。目をそらしてはいけない問題なのに『そらさないのなら辞めろ』。そうしないと、新生NGT48を始められないというのが、グループの答えでした」

と悔しさをにじませた。

スポンサーリンク

「正しいことをしている人が報われない世の中や、正しいことをしている人が損をしてしまってはいけない」

しかし、

「私にできたことはほんのわずかなことでした」

事件を告発した際、命の恐怖を訴えていたが、

「私には人の命より大切なものが何か分かりません。大切な仲間たちが安全にアイドルをできる毎日になってほしいと、心から願っています」

事件後も支えてくれて、この日卒業を発表した長谷川さん、菅原さん、そして残留を決めた村雲颯香さんに感謝の思いを伝え、

「みんなの今後が決まったら、卒業発表をすると決めていました」

と、このタイミングでの発表の理由を明かした。

「今の私にNGTのためにできることは卒業しかない」

健全なアイドル活動をしたいと訴えていた山口さんは、

「正しいことをしている人が報われない世の中や、正しいことをしている人が損をしてしまってはいけないと私は思います」

と持論を語った。

来月56日に握手会を行い、同18日に、菅原、長谷川と卒業公演を開催する。

スポンサーリンク

AKB48グループの3代目総監督・向井地美音さんがコメント

4月1日からAKB48グループの3代目総監督を務める、AKB48の向井地美音さん(21)が22日、自身の公式ツイッターを更新。

NGT48の山口真帆さん、菅原りこさん、長谷川玲奈さんが21日の劇場公演で卒業発表したことに対してコメントした。

「3人の卒業という形になってしまったことが、すごく悲しいし辛いです」

「私はこれからメンバーやグループを守っていかなければならない立場なのに、何ひとつ変えられなくてごめんなさい」

山口真帆NGT49を卒業し大手芸能事務所に移籍内定

NGT48の山口真帆(23)、菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)が卒業公演

NGT48の山口真帆暴行事件につきNGT運営側会見中に「まほほん」ツイートで反撃